top of page

【新発売】AIが経胸壁心エコーを補助 シーメンスヘルスケア「ACUSON Origin」

 シーメンスヘルスケアは4月15日、AI(人工知能)による経胸壁心エコー検査の補助機能を搭載した超音波画像診断装置「ACUSON Origin」の販売を開始した。「AI Assist」機能によりリアルタイムで心臓の構造を認識し、カラードプラROI(関心領域)と、パルスや連続波のドプラゲートを自動で配置する。


 また、4つの心腔の輪郭を自動作成し、心機能の定量化が可能な「2D Heart/4D Heart」機能も搭載。4D経胸壁心エコーは心腔の全てで、4D経食道心エコーは両心室で、最大5心拍の解析が可能な4D自動輪郭を作成できる。


 このほか、弁機能や血流速度など約120項目の計測を実行する「AI Measure」では、2DやMモード、ドプラの計測を自動化。計測フローの合理化が可能になった。


超音波画像診断装置「ACUSON Origin」

Comments


その他の最新記事

bottom of page