top of page

【新製品】膵がん診断の試薬を発売 東レ

 東レは2月22日、膵がんの診断補助を目的とする体外診断用医薬品「東レAPOA2-iTQ(アポエーツーアイティーキュー)」を発売した。2月1日付で保険適用されている。


 ELISA法(定量)により、血漿または血清中の2種類のアポリポ蛋白A2アイソフォーム(APOA2-AT、APOA2-TQ)の濃度を独立して測定する。測定した2つの濃度の相乗平均値を求めて、膵がんの診断補助に活用する。一般的なELISA法装置で使用できる。既存の腫瘍マーカーとは異なる物質を測定するため、CA19-9と相補的なマーカーになり、従来検出できなかった膵がん患者の早期診断が期待されるとしている。


東レAPOA2-iTQ

Comments


その他の最新記事

bottom of page