top of page

【新製品】POCT一元管理システム「cobas infinity POC」など発売 ロシュ

 ロシュ・ダイアグノスティックスは12月25日から、院内で使用されるPOCT機器の一元管理を可能にするデータ管理システム「cobas infinity POC」の発売を開始した。ウェブ上で一元的にデータ管理できるのが特徴。


 「cobas infinity POC」では検査室だけでなく、病棟やICU等で活用されているPOCT機器と接続、管理することで「いつ、誰が、どこで、どんな検査を行い、結果がどうなっているのか」をリアルタイムで確認できる。結果レポートの自動表示機能やQC管理、エラー抽出機能のほか、自社製品だけでなく他社のPOCT対応機器とも接続できる。


 新たな血糖測定システム「コバス pulse」(グルコース分析装置)も同時発売した。別売の専用試験紙「コバス GLU ストリップ」を使って全血中のグルコースを測定する医療機器。小型だが中央検査室と同レベルの精度、140以上の干渉物質の影響を受けない、RFIDタグによるスピーディなログインが可能となっている。


 同社は両製品の導入により、「手書きによる転記ミスの防止、施設間でのデータ共有、患者データとの統合が実現し、検査プロセスのトレーサビリティが確保できる。医療従事者のワークフローの大幅な改善が見込まれ、より良い患者ケアに貢献できる」としている。


cobas infinity POC


コバス pulse


Comments


その他の最新記事

bottom of page