top of page

【特別インタビュー】 日臨技会長候補者に聞く



 6期12年にわたり会長職を務めた宮島喜文氏が不出馬を表明し、任期満了に伴う日本臨床衛生検査技師会の会長候補者選挙に、前副会長の横地常広氏(69歳)、現副会長の長沢光章氏(65歳)が立候補した(受付番号順)。臨床検査技師を取り巻く大きな環境変化が見込まれる中、職能団体が向き合うテーマは幅広く、組織のトップが果たす役割と責任は大きい。


 12月18日から投票を受け付ける会長候補者選挙は、約7万人の全会員による直接投票で事実上の次期会長選の位置付けだ。横地、長沢両氏に立候補に至った理由や、会長として取り組みたいテーマや思いを語っていただいた。(編集部)



「組織力向上の基盤つくる」

横地 常広氏

日本臨床衛生検査技師会 前副会長



「宮島路線継ぎ、学術充実を」

長沢 光章氏

日本臨床衛生検査技師会 代表理事副会長





Comentários


その他の最新記事

bottom of page