top of page

個人の賛助会員を廃止 日臨技が定款改定

定款改定等を承認した理事会
 日本臨床衛生検査技師会は6月22日の定時総会で、個人の賛助会員の制度を廃止するなどとした定款改定を賛成多数で承認した。過去に入会実績がないためで賛助会員は法人のみとなる。また、会長不在時に理事会の議長を副会長が代行できるようにした。

 定款改定に併せ、会員・会費規程の改定も承認した。日臨技入会と同時に都道府県臨床検査技師会の会員になることなどを明記した。

 役員報酬・費用規程の改定も承認した。宿泊を伴う役員の出張に日当を支給する。国家公務員に合わせ、日当の金額は2600円(国内)とする。

 また、2023年度の事業報告や決算についても承認した。

コメント


記事下バナー_地域特性から考える「明日の検査室」_PC.jpg

その他の最新記事

bottom of page