top of page

創立70周年式典を開催 長崎県技

長崎県技師会 創立70周年式典会場の模様

 長崎県臨床検査技師会は9月30日、創立70周年・法人化35周年記念式典を開催した。門脇和秀会長は式辞で「66名で始まったが、現在は約900名の会員が所属する団体に成長することができた」と紹介。


 また、臨床検査技師にとってここ10年間が大きな変革の時代だったとし、2015年の臨床検査技師法改正により検体採取が可能になったことや、2018年の検体検査の精度確保に関する医療法改正、医師の働き方改革に伴うタスクシフト・シェアなどを挙げた。


 今後に向けては「新しい一歩を踏み出し、臨床検査の未来、自分自身の未来を切り開く精神を持ち続けていきたい。そして国民と県民の医療と保健衛生に寄与することを目指し、今後も技師会活動を続けていく」と意欲を示した。


Kommentarer


その他の最新記事

bottom of page