top of page

学校健診、原則として着衣で 文科省が通知


 文部科学省は1月22日、学校での健康診断についての児童生徒のプライバシーや心情に配慮した環境整備を求める通知を各都道府県教育委員会などに出した。正確な検査・診察に支障のない範囲で、原則として体操服や下着等の着衣を求めている。


 ほかに、▽検査・診察は男女別に行う▽女子児童生徒に立ち会う教職員は女性とする―などの具体例を挙げ、各学校の状況などに応じて取り組むよう促した。


 一方で、正確な検査・診察のために医師が必要に応じて着衣をめくって視触診したり、聴診器を入れたりする場合があるとし、事前に保護者らに説明するよう求めた。脊柱や胸郭の疾病・異常の有無などの検査は特に留意が必要だとしている。

Comments


その他の最新記事

bottom of page