top of page

薬剤耐性菌の出現状況を可視化 千葉大・NTT Comが新システム


 千葉大学医学部附属病院とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2月9日、薬剤耐性菌の地域間ベンチマークシステムを開発したと発表した。自病院と二次医療圏で薬剤耐性菌の出現状況を可視化、比較できる日本初のシステムという。同システムを活用し千葉県内での薬剤耐性菌動向調査研究に取り組む予定だ。


 今回のシステムは、中小病院を含めた医療機関の薬剤耐性菌動向調査や対策を行うために開発されたもの。▽データを秘匿化したまま分析可能なNTT Comの「析秘」を活用し、各施設の情報を保護しつつ動向調査が可能▽院内感染対策サーベイランス事業(JANIS)を収集しているデータを基に自病院、二次医療圏、都道府県単位で薬剤耐性菌の出現状況を可視化、比較してベンチマークできる―が特徴となっている。


 千葉県で取り組む調査研究では、県内9つの二次医療圏ごとに1病院が参加し、計9病院がJANISで収集している細菌検査データを「析秘」でアップロードし、各病院の薬剤耐性菌出現状況を秘匿化した状態で分析する。時系列での分析も行い、感染対策後の効果を確認できるようにする計画だ。


Comentários


その他の最新記事

bottom of page