top of page

血栓症検査キットを開発へ タウンズなど3者

 タウンズ(静岡県伊豆の国市)、熊本大学と血栓トランスレーショナルリサーチラボ(ともに熊本市)は11月1日、日本医療研究開発機構(AMED)の公募事業に採択されたプロジェクトを開始したと発表した。


 採択課題は「大規模災害時に頻発する血栓症の発症を予防するための新たな高感度血液凝固検査システムの開発」で、災害避難者に発症することがあるエコノミークラス症候群などの血栓症について、小型で簡単に操作できる検査キットの開発を進める。


Commenti


その他の最新記事

bottom of page