top of page

超音波内視鏡システム販売で協業 キヤノン・オリンパス

 オリンパスとキヤノンメディカルシステムズは5月29日、キヤノンメディカル製の超音波診断装置「Aplio i800 EUS」(写真)について、オリンパスが欧州、オセアニア地域、日本国内で2024年6月から販売活動を順次開始すると発表した。

 i800 EUSは、浅部から深部にかけて高分解能な映像を得られる「D-THI」(ディファレンシャル・ティッシュ・ハーモニックイメージング)を搭載。組織内部や境界エコーの描出能を向上させており、腫瘍や嚢胞などの病変識別が迅速に行える。また、微細で低速な血流を捉えられる血流イメージング技術「SMI」(スパーブ・マイクロバスキュラー・イメージング)も備え、低流速血流を高感度、高分解能、高フレームレートで捉え、低アーチファクトに描出できる。

 オリンパスによる日本を含むグローバルでの販売活動開始は、2024年1月に両社で締結した超音波内視鏡システムに関する協業合意に基づく。キヤノンメディカルのEUS領域向け超音波診断装置とオリンパスの超音波内視鏡を組み合わせ、高画質診断を可能とする製品をグローバル展開していく方針。

Aplio i800 EUS

Comments


その他の最新記事

bottom of page