top of page

〈記者コラム〉創薬力と検査技師

 日本の創薬力の向上へ政府の構想会議が5月にまとめた「中間取りまとめ」に臨床検査技師が記載されているのをご存じだろうか。創薬に欠かせない治験や臨床試験を支える人材として、治験コーディネーター(CRC)などと共に例示され、「人材育成を強化する」とある。さらに学生に対しても、関連の教育を強化すると記載されている。

 これは新しい展開があるに違いない―。そう期待して取材したが、同会議の事務局は「幅広い人材を育成する趣旨」とどうにも素っ気ない。原案段階で記載されていたまま成案になったようで、特に意識してはいなかった様子なのだ。

 いまだ詳しい経緯が把握できていないが、とはいえ、明記された以上、政府の創薬支援の施策に組み込まれていく可能性は高い。わが国の基幹産業の一つとして期待されている創薬は、日本だけにとどまらない世界の市場を見据えた取り組みとなる。支援策にうまく乗れれば、グローバルな分野で活躍する臨床検査技師が登場するかもしれない。(枇)

Comments


記事下バナー_地域特性から考える「明日の検査室」_PC.jpg

その他の最新記事

bottom of page