top of page

EGFR検出キットの適応拡大を申請 ロシュ

 ロシュ・ダイアグノスティックスは6月24日、非小細胞肺がん(NSCLC)のうちEGFR遺伝子の変異陽性患者の診断補助で用いる「EGFR遺伝子変異検出キット」について、5月7日に一部変更承認申請を行ったと発表した。

 ヤンセンファーマが薬事申請中の完全ヒト型二重特異性抗体アミバンタマブと、EGFRチロシンキナーゼ阻害剤ラゼルチニブとの併用療法でのコンパニオン診断薬(CDx)として承認を目指す。

 遺伝子解析装置「コバス z 480」用のキット。EGFRチロシンキナーゼ阻害剤のうち▽ダコミチニブ水和物▽ゲフィチニブ▽エルロチニブ塩酸塩▽アファチニブマレイン酸塩▽オシメルチニブメシル酸塩―のCDxとして使われている。

Comentarios


記事下バナー_地域特性から考える「明日の検査室」_PC.jpg

その他の最新記事

bottom of page