top of page

中村会長が2期目に 検査薬卸連合会が新役員

 日本臨床検査薬卸連合会は6月6日、総会と臨時理事会を開き、2024~2025年度の新役員を選出した。中村和彦会長が留任し2期目となる。副会長は、堤隆一郎氏(堤化学)、小関恭秀氏(小関秀雄商店)、竹内和彦氏(竹内化学)の3人が留任し、新たに菅谷哲彦理事(伊勢久)が就任した。

 新役員は次の通り(敬称略、※は新任)。

【会長】中村和彦(京都和光純薬)
【副会長】堤隆一郎(堤化学)▽小関恭秀(小関秀雄商店)▽竹内和彦(竹内化学)▽菅谷哲彦※(伊勢久)
【理事・顧問】渡辺和俊(関薬)▽広瀬勇(広瀬化学薬品)
【理事】山﨑浩行(タナカ)▽佐伯聡(フロンティア・サイエンス)▽小野誠(東北化学薬品)▽岸隆博※(家田化学薬品)▽中澤大※( 利根化学)▽稲垣静※(日栄東海)▽大西利郎(アズサイエンス)▽冨田真一(カーク)▽上田哲平(上田五兵衛商店)▽木村洋介※(広島和光)▽橋本信二※(化研テクノ)▽山田宣博※(正晃)▽笠邦太郎※(サツマ薬品)
【監事】細谷博昭(中山商事)▽徳永道義※(テクノ・スズタ)

Comments


記事下バナー_地域特性から考える「明日の検査室」_PC.jpg

その他の最新記事

bottom of page