top of page

新会長に鈴木氏、藤巻氏は監事に 宮城県技師会

 宮城県臨床検査技師会は6月15日、定時総会を開催し、副会長の鈴木里香氏(みやぎ県南中核病院)を新会長に選出した。副会長は菅原勲氏(石巻赤十字病院)が留任し、新たに勝見真琴氏(東北大学病院)が就任した。任期は2年。3期6年会長を務めていた藤巻慎一氏(東北大学/国際医療福祉大学)は監事を務める。

新役員は次の通り(敬称略)。

【会長】鈴木里香(みやぎ県南中核病院)
【副会長】菅原勲(石巻赤十字病院)▽勝見真琴(東北大学病院)
【事務局長】宮坂智充(東北医科薬科大学)
【理事】岩木啓太(東北大学病院)▽太田敬一(大崎市民病院)▽小野博美(宮城県対がん協会)▽小堺利恵(東北医科薬科大学病院)▽小澤鹿子(東北大学病院)▽髙島且統(東北労災病院)▽髙橋拓史(坂総合病院)▽竹内美華(宮城県立がんセンター)▽戸村弘樹(大崎市民病院)▽永野強志(葵会仙台病院)▽播磨晋太郎(仙台医療センター)▽舛甚満(仙台赤十字病院)▽真山晃史(東北大学病院)▽桃澤慶子(仙台市立病院)
【監事】今野かおり(東北大学病院)▽藤巻慎一(東北大学/国際医療福祉大学)

Comments


記事下バナー_地域特性から考える「明日の検査室」_PC.jpg

その他の最新記事

bottom of page