top of page

患者の34%が亜鉛欠乏症の可能性 順天堂大と製薬企業の共同研究

亜鉛欠乏に関する成果を発表した順天堂大の横川氏
 順天堂大学医学部の横川博英先任准教授は6月4日、亜鉛欠乏症のプレスセミナー(ノーベルファーマ主催)で、大規模診療データベースに基づく研究結果を報告した。急性期病院で2019年からの3年間に血清亜鉛濃度を測定した20歳以上の患者のうち、34.8%が60μg/dL未満の亜鉛欠乏症だった。

 ノーベルファーマとの共同研究の結果。メディカル・データ・ビジョン社が提供している大規模診療データベースを基に、急性期病院での亜鉛欠乏症患者の状況を分析した。日本臨床栄養学会の診療指針では、血清亜鉛の基準値下限は80μg/dL。さらに低い60μg/dL未満を亜鉛欠乏症の要件の一つとしている。

 その結果、「80μg/dL以上」は19.7%にとどまり、「60μg/dL未満」が34.8%となった。年齢や性別ごとに見ると、「60μg/dL 未満」の割合が最も低いのは20歳代男性(10.0%)で、最も高かったのは80歳代以降の男性(47.8%)だった。「60μg/dL未満」の割合は40歳代までは、男性より女性の方が高いが、50歳代以降は逆転し男性の割合が高くなっている。

תגובות


記事下バナー_地域特性から考える「明日の検査室」_PC.jpg

その他の最新記事

bottom of page