top of page

「国立健康危機管理研究機構」来年4月に創設 略称をJIHS(ジース)に

来年4月の新機構創設を決めた準備委員会

 国立健康危機管理研究機構(新機構)の準備委員会は4月9日に開かれ、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)と国立感染症研究所(同)を再編して創設する新機構について、2025年4月の発足を決めた。新機構の略称を「JIHS(ジース、Japan Institute for Health Security)」とする。


 感染症対応の中心的役割を担う統括部門を設け、危機管理総局など5局の体制とする。総局は、平時から感染症の情報を収集し、有事の際に病原微生物の感染力や健康リスクなどを分析・評価する。また、体外診断薬や治療薬の研究開発を担う総合研究開発支援局も設置する。

Commenti


その他の最新記事

bottom of page